サクサク頻出単語を記憶!新TOEIC対策もできるおススめ参考書5選

みなさんはTOEICに出てくる単語はどのように覚えていますか??

TOEICの練習問題を解く中で合わせて覚えていく方、独自に単語帳を作って覚える方等。。これが皆さん結構方法が分かれるところなのですが。。やっぱり過去の頻出単語を研究して作成された単語参考書は効率的に学習する上で大いに役立ちます。

そこで今回は、おすすめの単語参考書5選を紹介します!

持っておいて損はなし!TOEIC単語参考書の定番

言わずと知れた、TOEIC単語参考書の定番。TOEIC単語本では最も売れており持っていてまず間違いない1冊です。
本自体は薄くシンプルな構成なのですが、中身はギュッと頻出単語が凝縮された内容になっています。

筆者のTEX加藤さんという方はTOEIC公開テストで何と26回連続で990満点を獲得しているTOEICオタクで、問題の出題傾向や単語を熟知しておりこちらの本にもしっかりと反映されています。

何といってもこちらはTOEICに頻出の単語のクセをよく抑えた単語のみ掲載しているので、他の分厚い単語本にありがちな”これ本当に全部TOEICに出てくるの?”と疑問をもつ必要がないので無駄なく対策が立てれます。

また何といっても単行本サイズで小さく、持ち運びも便利なので隙間時間にサッと取り出して暗記することができます。

TOEIC初心者から900点以上の高得点を目指す人まで幅広く使えます。
音声も公式サイトからダウンロードできるようになっています。

とにかく薄いので何回も繰り返して記憶を定着させるのにはとても学習しやすいです。
やはり、単語は繰り返して定着させることが何よりも大事。その点、この「金のフレーズ」はおすすめです!

TOEIC新形式に対応している単語参考書

こちらは新TOEICの出題問題に合わせて一部内容が改訂されています。
part3.4の新形式に合わせた口語表現がクイズとして追加されていたり、新しく加わる問題形式と攻略法で新TOEICの対策もバッチリ立てれます。

単語本なんですがpart1の写真問題から始まり、パート毎で問題を解きながら各パートの頻出の単語を集中的に覚えていく事ができます。

パート毎に不動産、ラジオ放送など実際のTOEIC試験でいかにも出そうなテーマを取り上げているので単語のみの記憶で完結せずしっかりTOEIC全体の流れの中で覚えることができます。

また同じ単語が他の例文等にも繰り返し出てくるので記憶を定着させるのにとても効果的です。

4カ国発音によるCDも付属でついてきて、”単語→訳→単語→例文”の音声になっているので流して聞いているだけでも自然に単語を学習することができます。

またパート毎に得点アップの秘訣があってパート毎の練習も同時にできたり、とにかく単語をTOEICの総体的な流れの中で覚えていきたいという方におすすめです!


こちらも新形式のTOEIC試験に対応しています。
Part5の穴埋め問題を解きながら語彙力を付けていくという形式になっていて、頻出単語を練習問題の中で自然に記憶していくことができます。

解説も複数の選択肢の中で何故その単語なのか、丁寧に説明されていて分かりやすいです。
また選択肢に出てきた関連の単語に関する意味や情報も載っているので、派生的に語彙力を伸ばしていくことができます。

こちらも全問題の音声をダウンロードできるようになっています。

ビジュアルで単語記憶を効率化!

こちらは各テーマごとにイラストが掲載されていてシーンと出てくる単語を連動して覚えられるようになっています。
実際にTOEICテストに出てきそうな場面に合った単語がフレーズ形式で掲載されているので単に単語のみで覚えるより記憶しやすいです。

イラストも擬人化したペンギン、熊などが人間に混じっていたり、くせのある面白いタッチで飽きずにぐんぐん進んでいけます。

就職、入社、日常生活等色んな状況やテーマでチャプターが24まで用意されています。
また、空港、街道路等、ジャンル別の頻出単語をまとめたリストも載っていて関連した語句を一気に学習できるのでとても便利です。

私がこの単語本でお気に入りなのは各チャプターの最後に「出題パターンチェック」というコーナーがあり、各チャプターでの語句が実際のTOEICテストでどのように出てくるのか解説が書かれているところです。

この解説で学習した語句がTOEICの流れでどのように出現する可能性があるのかイメージが広がるのでかなり役立ち、TOEICの出題傾向も知識も得られておすすめです!

こちらもMP3の音声付きです。

こちらはユニークなスタイルの参考書で、図解で単語を覚えられるようになっています。

テーマ毎に単語の繋がりが図解で載っており、次々と連鎖した関連単語を覚える事ができる仕組みになっています。

会議、プレゼン等各シーンごとにイラストがあって、その周りを単語の図解が囲んでおり、読んでいるとまるでイラストだけでなく単語もビジュアル化されてセットで脳に刻まれる感じがします。

眺めるだけで脳にスイスイ単語が入ってくる不思議な感覚で、「あれ、これってどんどん単語覚えれちゃうんじゃない?」という錯覚に陥ります (笑) 

記憶の方法としてはとてもいいアイディアで単純に単語を文字列で覚えるより何倍も効率的に覚えれると思います。

特に単語を記憶する際にとっかかりがないと覚えるのに苦労する人におすすめです。

いかがでしたか?
TOEICの単語参考書も様々なタイプのものが発売されているので、色々試して自分に合ったものを見つけ効率よく学習できるようにしていきましょう!

スポンサーリンク

少しでも記事がお役に立てましたら下のアイコンをクリックいただけますと幸いです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ