いきなりTOEIC600点を最短の1カ月で取る勉強法とは?!200点~500点別スコアアップ法とおすすめ参考書

TOEIC 600点は消して取得するのが難しいスコアではありませんが、なかなか600点の壁が越えられない方もいると思います。

また就職や転職等手早く600点は取得しておきたい方等々、そこで今回は600点をできる限り最短で取得する勉強法や参考書をご紹介いたします!

特に現在のスコア別でも取得までのハードルが変わってきますのでぜひ参考にしてみてください。




TOEIC 600点のレベルや評価はどの位??

TOEIC600点突破したらたらどのような評価が待っているのか気になりますよね。600点のレベルや評価はどのくらいなのでしょう??

TOEIC 受験者の平均点は580点ほどで 600点は少し高いスコアに乗ります
TOEIC 600点は 英検2級レベル、難易度的には高校卒業レベルです。
そしてトイック600点は一旦とってしまえば就職や転職の際に履歴書に書くことができるレベルです。
企業で昇進の際にも TOEIE600点台取得が条件のスコアとなっている企業が多いです。

一旦この600点の壁を突破したら、英語初心者から一歩抜け出し、次の700点800点をどんどん目指していこうというモチベーションが一気に高まる点数でもあります。

600点というスコアはいろんな意味でボーダーラインとなっており、低めの点数の方には越えられない壁として立ちはだかってかもしれませんが、弱点を克服し正しい勉強法を行うことで 消して難しいものではありません。

ただし同じ600点でも現時点での英語レベルによって一か月で十分余裕で取得できるレベルか、はたまた相当スパルタで勉強法を行うレベルなのか変わってきます。

リスニングで点数を稼ぐべし!!

現在何点で600点を目指そうとしていても、TOEICで点数が取りやすくて稼ぎ易いのは何といってもリスニング問題です。
まず TOEICで600点のみならず高得点やとにかくハイスコアを目指すならリスニングを完璧にする勢いで勉強しましょう。

リスニング上達には、とことん公式問題集やその他の問題集をこなして、聞き取れない箇所は何度でも聞き取れるまで繰り返しとにかく英語を耳に慣れさせることが大事です。

またリスニングが苦手な方には以下で紹介しているシャドーイングも非常に効果があります。

関連記事

瞬間英作文とシャドーイング。。一気に面倒くさくなる気持ちわかります(笑) でも私の実体験から、この2つをやるのとやらないのとではほんっっとうに違うんです。 TOEICリスニングだけじゃなくリーディングも、はたまたスピーキング、ライティ[…]

70702listening

そして苦手意識が強くどうやって、リスニングの勉強をしたらいいかわからない人には、コツや攻略法、実際の試験のポイント等わかり易く書かれている↓の参考書が第一歩として手に取るにはかなりおすすめです。

公式問題集は理解できるまで何度も解いてやり込む!

現在どんな点数で何点を目指していようが絶対に外せないのが TOEIC の公式問題集です。
この本番の試験に最も近い公式問題集を徹底的に攻略しておくことが TOEICでのスコア獲得には鉄則です。

最新の公式問題集から始めて、わからない箇所があったらわかるまで徹底的に
繰り返し解いて、とにかく嫌というほど本番シュミレーションを徹底的に行って各パートの時間配分や形式を体に染み込ませることが 大事です。
そうする事で本番でも気持ちに ゆとりができ、柔軟に問題に取り組むことができます。

TOEIC200、300点台から600点を目指すには??

・高校卒業レベルの英文法を最低限理解してから
・最低限のTOEICに必要な必須単語をマスターしておく

TOEIC200、300点の場合、600点を取るまでおよそ800~ 900時間かかるとされています。

毎日3時間勉強したとして200日以上かかる計算になり、一か月というのはかなりハードな計算になりますが、これはあくまで指標であり、正しいやり方でそれなりの時間を注ぎ込めば TOEIC の場合一気にスコアアップを取れる可能性は十分にあります。

逆に一か月と言う制限を設けることで緊張感を維持し続けられ想像以上の結果を得られるかもしれません。

最短で600点をとりたい場合には 、

☆200点台300点台の人は平日は通勤、通学の隙間時間や帰宅後は時間が許す限りTOEICの勉強に充てる(理想は2~3時間)、それ以外の休みも時間が許す限り一日中 TOEIC の学習に捧げる。

そうして一度 TOEIC の試験を受けてみて自分の頑張りがどれだけスコアに反映されたか 確認してみてください。正直だらだらと勉強するよりも短期決戦型で全てを詰め込んだ状態のまま本番試験に臨む方がスコアが取りやすいかもしれません。(特に私のような一夜漬けタイプの方は。。(笑))

200点300点台のスコアレベルは 基本的な 英文法を理解していない場合が多く、基礎ができてないレベルで、更に上の学習をやっても余計理解できず楽しくないため挫折しかねません。

ですので、まずはしっかりと中学生・高校1年生位までの英文法の基礎を理解するようにしましょう 。以下の参考書でまず基礎を理解してから、最後に紹介する”おすすめの参考書、問題集”に進んで600点取得に向け一気に勉強する事をおすすめします。

TOEIC400点から600点を目指すには??

既に400点台を取っている方は勉強方法次第で一か月で十分TOEIC600点を狙えるスコアです。 とはいえまだ400点では英文法の基礎など理解しきれてない場合も多く、そのまま基礎をスルーしたままでは、400点の壁から抜けれなさそうな場合は一度上記の200点300点台の人向けにお勧めした参考書をチェックしてみることをお勧めします。

・英文法の基礎を理解できていないのに TOEIC の勉強を進めてないか確認。
・リスニングを強化する。
・リーディング理解のための単語力が足りない場合が多いので単語の参考書と TOEIC 公式問題集に出てくる単語重点的に学習する。
・公式問題集で本番シミュレーションを繰り返してとにかく試験自体になれる。

TOEIC500点から600点を目指すには??

あともう少しです。すでに500点台とかなり近いスコアを獲得してる段階では、

・単語力が今一歩足りないので参考書で学習。 下で紹介する金のフレーズがおすすめ。
・早くかつ読みながら理解してリーディングの速度を上げるため力をつける。とにかくたくさん読んでリーディング訓練をする。毎日通勤数学の隙間時間等に必ず何個かは長文を読むことをルーティーンにする。
・点数を稼ぎやすいリスニングのスキルをできる限り上げておく。公式問題集等で意味を把握し聞き取れるようになるまで同じ問題を繰り返し聞いて特訓をする。

おすすめの参考書、問題集

現在の点数にかかわらずトイック600点を取る上で絶対に押さえておくべき参考書を紹介します。

 

 
いかがでしたか?現在600点から遠い人も上記を参考にして正しく学習すれば短期間での取得も可能なスコアですのでぜひぜひ頑張ってください!!